さだまさし研究室

夢のページにも書きましたが、僕はさだまさしの大ファンでして、その楽曲の持っているエネルギーを取り込むかの如く、高校時代はさだまさしの曲の弾き語りに終始したものです。

僕の専門のトロンボーンは、ご存知の通り吹奏する単旋律楽器であり、どんなに努力をしても歌詞を歌いながら演奏することは不可能です。また、今ではそうではないのですが、高校時代の僕は、一般の聴衆には歌詞がない音楽は分かり難い、伝え難いものだと思っていたのも事実です。いわば、さだまさしの楽曲は、僕の音楽、というよりもっと深い、多感な高校時代に人生における様々な価値観を形成する上で、一役も二役も買っていたことは、事実です。

別に僕はさだの手先ではありませんが(笑)、これより先は、本当に読んでみたい人以外は絶対に読まないで下さい。曲を知っていれば、なおの事楽しめると思いますが、僕の好きなさだのナンバーをご紹介致します。聴いてみたい人は是非CDを買って聴いてみて下さい。映画二百三高地の、映像に引きずられて張られた、さだまさしに対するレッテルは、僕の親位の世代の人たちからはまだ離れていないのかも知れませんが、美しい言葉の芸術にしばし酔いしれてみてはいかがでしょうか?

特に、今物凄く疲れた貴方にとっては、最高の清涼剤になることでしょう。実は僕も普段の元気な時には、ほとんど聴きませんしね。以下のランキングは今、僕の知っている範囲での順位です。今後変動する可能性は大いにあります。あしからず。

1位、夢(シングルス全集第五巻、2曲目)

2位、晩鐘 (シングルス全集第二巻、10曲目)

3位、まほろば(LIVE 二千一夜、CD3、11曲目)

4位、追伸(シングルス全集第一巻、5曲目)

5位、童話作家(帰去来、7曲目)

6位、カーテンコール(シングルス全集第五巻、四曲目)

7位、しあわせについて(シングルス全集第四巻、3曲目)

8位、あなたを愛したいくつかの理由(シングルス全集第6巻、6曲目)

9位、交響楽(シングルス全集第一巻、10曲目)

10位、つゆのあとさき(LIVE 二千一夜、CD1、10曲目)

失恋した時に聴きたいさだの曲ベスト10

人生について考えている時聴きたいさだの曲ベスト5

1位、主人公(帰京、12曲目)

2位、防人の歌(シングルス全集第三巻、9曲目)

3位、道化師のソネット(シングルス全集第三巻、7曲目)

4位、夢の吹く頃(シングルス全集第6巻、3曲目)

5位、冬の蝉(シングルス全集第6巻、9曲目)

とにかく笑いたい時聴きたいさだの曲ベスト5

1位、恋愛症候群(シングルス全集第五巻、3曲目)

2位、パンプキンパイとシナモンティー

3位、関白宣言(シングルス全集第三巻、3曲目)

4位、雨やどり(シングルス全集第二巻、3曲目)

5位、建具屋カトーの決心(シングルス全集第6巻、5曲目)

勝手にランキング